2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.09.05 (Mon)

出産レポ 後処理

8月19日
16時34分
2924g
女の子


を出産し、大きな産声が聞こえ、産まれたての希望ちゃん(これから姫のネームにします。)を抱いて、写真を撮ったりしてたら、旦那は外に出されて、後処理が開始されました。
新米助産士が先輩助産士から指導を受けて、胎盤を出していた。大学病院なので、医師も助産士も、新米と先輩の組み合わせで、私のオマタの向こうには、ぞろりとたくさんの人が。
私的には、みんな若手だし話しやすいから楽しかったけど。
そして、いよいよ、会陰縫合。
私の場合、子宮口、ちつが破れ、会陰切開をしたので、かなり長時間。
子宮口は、けいがん手術をしてるため、裂けるかもと聞いていた。
とにかく、破れないように気持ちは、そっと産んだつもりだったけど…(涙)
麻酔があるから平気~♪なんて、思っていたらとんでもない、麻酔の効きづらい場所もあり、後、糸を引っ張る振動が気持ち悪い
もう、辛くて辛くて…先生に後、何針かとか聞きまくり、結局、1時間くらい縫ってました。
そして、子宮伸縮剤の点滴で、また陣痛を思わせる痛み←陣痛よりははるかに軽いけど。
もう、出産の痛みで気持ちが尽きてしまい、後処理の最中は痛い痛いと騒いでました。


そして、車椅子に乗り、病棟へ。


私を担当してくれた助産士さんは、不妊治療中だそうで、私が陣痛の合間に治療の話をしたので、感動したと言われました。
彼女も、職業柄辛い事もあると思うけど、私は必ず授かる!って思いました。


あと、そういえば、希望ちゃんを産む間際…旦那が私の右手を握り、左手を担当医が握ってた
私が握ったのか覚えてない。


病棟に戻ってから、痛み止めは、次の日ならないと飲めないそうで…おしり全体が熱くて、カチカチ山のようでした。
布団もおしりは掛けずに寝ました。


多分、私の処理は長くて痛い方だと思いますが、私にとっては、一番辛く感じました。


退院診察も、痛くて騒いだし…1ヶ月検診もなにげに憂鬱
産後2週間でほぼ痛みは無くなったけど。


スポンサーサイト
EDIT  |  20:59  |  出産レポ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。